婦人

低血圧の症状で困る|漢方やサプリを試してみる

生活習慣病の原因

メディシン

予防や改善には

高血圧は自覚症状に乏しくきちんと診察を受けない人もいます。しかし高血圧は脳卒中や心臓疾患や腎臓病などの生活習慣病の原因になることがあるので、放置しないでしっかりと対策する必要があります。高血圧は血管に大きな負担を与えるので、予防や改善には食生活の見直しや軽い運動をすることが大事になってきます。食べ過ぎを控えて塩分の多い食材や間食を避けて、にんにくやオリーブオイルなどの血圧を下げる食事を摂るようにします。次のウォーキングのような軽めの有酸素運動を習慣にすることで、血の巡りが良くなり血圧を下げることが可能です。又高血圧の改善にはサプリを摂ることも有効です。そしてサプリを選ぶときには、血圧を下げる成分が含まれるサプリを選ぶことです。

血圧を下げる成分

高血圧を防いだり改善するのに有効な成分には、まずカリウムやカルシウムなどがあります。カリウムは身体に過剰に残っている塩分を体外に排除する働きを持っています。塩分の摂りすぎは高血圧の原因となります。カリウムはりんごやバナナやほうれん草などの食材に含まれています。次に動脈硬化の予防に効果があるのが、アリシンで食材ではニンニクに多く含まれています。悪玉コレステロールを抑えて血圧を下げる働きがあるのが、オウロペインでオリーブに含まれています。又タウリンは血圧が上がるのを防ぐ効果があり貝に多く含まれています。そしてDHAは血管壁を柔軟にして、血管を拡げて血液の流れをスムーズにします。EPAもDHAに似た効果があり心臓疾患の予防になります。青魚などにEPAは含まれています。高血圧予防改善の成分は食材だけでなく、サプリで摂ることもできます。